色素沈着タイプの鼻の黒ずみをケアしよう

Tゾーンと呼ばれるおでこは、鼻のまわりの皮脂分泌が盛んなため、ニキビや黒ずみができやすい部分でもあります。ニキビや黒ずみを防ぐには、皮脂の過剰分泌を抑える必要があります。

ですが、皮脂の分泌量は多くないのに鼻の黒ずみが目立つという人は、もしかしたら色素沈着が原因かもしれません。色素沈着は、紫外線や力を入れすぎたスキンケア、ムダ毛処理による肌ダメージなどで起こりやすくなってきます。

肌は強い刺激が加わると、それから肌を保護しようとメラニン色素を生成します。このメラニン色素は次第に薄くなっていきますが、中には肌に定着してしまうものもあります。

この症状が繰り返されることで、鼻の毛穴が目立つ色素沈着タイプになる可能性が強まります。色素の沈着をケアするには、美白効果の高い成分を補うようにしてみましょう。

まず意識したいのが、ビタミンC誘導体の摂取です。ビタミンC誘導体にはメラニン色素を還元する働きがあるうえに、新たな生成を防ぐ効果もあるからです。

1つで2つの働きを得ることができるので、積極的に活用したい美白成分です。次におすすめなのがプラセンタです。

プラセンタを補うと、肌のターンオーバーを正常に整えることができます。綺麗な肌を作り出すことで、黒ずみを薄くしていくことが可能です。

jp1

鼻の黒ずみや角栓を取るには?

鼻の黒ずみや角栓を取るには次のような方法があります。

鼻の黒ずみは毛穴に詰まった角栓が原因になります。角栓を構成している成分ですが、30パーセントは皮脂で70パーセントはたんぱく質になります。通常の洗顔料を使用して洗顔していては、皮脂は落とせてもたんぱく質は除去がしにくいのが現実です。

まずは洗顔料をたんぱく質が除去できるようなタイプのものを選択する必要があります。おすすめなのは酵素洗顔になります。酵素が配合された洗顔料を選ぶようにしましょう。

実際に鼻の黒ずみや角栓を取る方法としては、ピンセットで周りの皮膚を傷つけないように抜く方法があります。先端が丸まっているタイプのピンセットではなく、毛抜き専業メーカーのピンセットを使用するのがポイントです。

実際に取り除くのは簡単なのですが、大事なのはこのあとになります。取り除いたあとは保湿をすることを心がけましょう。保湿をしないとクレーターのような肌になったり、毛穴が開きっぱなしになってしまいます。

セラミドが配合されている化粧水を使用することをおすすめします。肌にはもともと水分を保有する成分をもっており、それがセラミドと呼ばれる成分なのです。

取り除いたあとはしっかりとケアをしましょう。

jp2

鼻の黒ずみ、赤みは消せる?

人の第一印象は顔で決まると言われています。その顔の中でも鼻というのは最も重要なパーツです。なぜならば鼻は顔の中心に位置しているパーツで、顔のバランスを決めているパーツでもあります。

大事なパーツなので、「もっと高ければ良いのに」、「もっと綺麗な形なら良いのに」と思っている人は多くいます。高さや形を変えることは難しいですが、見た目を綺麗にすることは簡単に出来ます。

鼻は黒ずみや赤みが発生しやすいパーツで、これをコンプレックスに感じている人も多いです。この黒ずみや赤みは、エステサロンなどの美容サロンで解消することが期待出来ます。

黒ずみの原因は老廃物やメラニン色素の沈着です。なので、この原因を取り除くことが出来れば綺麗な状態になります。エステサロンや美容サロンでは専用の機器や美容液、パックなどで黒ずみを取り除きます。

意外とやっかいなのが赤みです。赤みは個人差があり、体質によって赤みが出やすい人がいます。そういった人には専用の美容液を使って定期的な施術を行っていきます。

鼻はどうしても目立つパーツなので、なるべく綺麗な状態を保ちたいです。自宅でのセルフケアに限界を感じたら、エステサロンや美容サロンを利用しましょう。

jp3

予防する方法は?

鼻の黒ずみの原因は皮脂と汚れであるため、余分な皮脂をとり、毛穴をふさぐことが、予防につながるといえます。

余分な皮脂をとるためには正しい洗顔が必要であり、毛穴をふさぐためには保湿をきちんと行うことが重要です。つまり適度な油と水分が、鼻の黒ずみの予防には必要であるということです。

毛穴に皮脂が詰まっているということは正常なことです。完全に取り除くことはできず、皮脂はどんどん分泌されるものです。そのため、自分の肌をケアしながら上手に付き合っていく必要があります。

まずは正しい洗顔方法です。

鼻の黒ずみの原因は皮脂と汚れであるために、これらを取り除こうと頻繁に洗顔している人もいるかもしれません。しかし洗顔のし過ぎは、皮脂の分泌を促してしまいます。

皮脂を過剰に洗い流してしまうと、肌は皮脂が足りないと感じ、皮脂をどんどん分泌させてしまいます。洗顔は1日2回までとし、洗顔後には肌をしっかりと保湿することを心がけましょう。

基本的には普通肌用、もしくは乾燥肌用の化粧水で保湿し、化粧水の後に乳液をつけるようにしましょう。乳液は肌に浸透した化粧水が蒸発するのを防いでくれます。

洗顔の皮脂を取り除く強さと、保湿のバランスが良くなってくると、鼻の黒ずみの予防にもつながるでしょう。

jp4

お役立ちサイトについて

このページでは、鼻の黒ずみというものについて詳細解説をしました。

ここに書いてある情報以外にも、黒ずみに対応する方法はたくさんあります。

ここに載せているお役立ちサイトを見てみてください。もっとたくさんの情報を得ることができるでしょう。